タイトル

TOP

水と体

水道水

ミネラルウォーター

ウォーターサーバー

選び方のポイント

導入事例

値段・比較

 

 

 

毎日、くちにする「水」。私たちの体・生活に欠かせない「水」。

あなたは、毎日どんな「水」を飲んでいますか?

私たちの体の約70%は水分なのです。

安全でおいしい水を飲んでいつまでも健康でいたいですよね。

今回はそんな「水」について考えてみました。

 

 

そもそも「水」ってどういうもの?

皆さんは、水と聞くとどういった状態の水を思い浮かべますか?きっと多くの人が水と聞いて液体の水を思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、水にはの状態には、「固体」、「気体」と言う物があります。ちなみに、固体は液体である水が凍った状態、つまり氷のことになります。逆に気体は液体である水を100度以上で沸騰させた場合に気体となって現れます。水といっても温度によって大きく見た目や用途が変わってきますね。しかし、人間はほとんどが水でできているので、一つのエネルギー源と言えるのです。目の中の水分が失われると、シパシパしてしまいます。カラコン装着時なんて下特に気になります。

身体にやさしくこだわりの製法で作られた健康に良い黒ザクロジュースはいかがでしょうか?
ザクロ本来の恵みを届ける【ZAKURO STORE】を是非ご利用ください。

「水」についてもっと詳しく知りたい!

管理人のオススメサイトを紹介します。

軟水と硬水の特徴

先ほど水は温度によって変化することをお話しましたが、今度は水の種類について少しお話していきたいと思います。水には硬度という物があります。よく、スイカなどのフルーツに糖度○○などというような表記を見かけますがそんな感じの物だと思えば分かりやすいでしょう。水には、硬水と軟水と呼ばれる2種類の水があります。硬水とは、その名の通りかたい水のことです。かたいと言っても水は触ることが出来ませんから水に含まれるミネラルの量が多いと言うことになります。そして、軟水は柔らかい、つまりミネラルの少ない水と言うことになります。ちなみにこのミネラルは、私たちの丈夫な筋肉や骨をサポートしてくれる素晴らしい成分なのです。こう聞くと、ミネラル分の多く含まれている硬水が良いじゃん!と思いそうですが、硬水にも軟水にもそれぞれメリットやデメリットという物があるのです。例えば、料理をするときは素材の味を引き出してくれる軟水が最適ですし、洗剤・石鹸などの泡立ちなどが良いのも軟水なのです。通販などで販売されている水の多くは軟水のようです。やはり用途が日常的だからでしょうか。

>>使い方簡単!湯沸かしポット【アルポット】

水の性質について

水の性質はズバリ様々な物体を溶かしやすい性質を持っていると言うことではないでしょうか。そして驚くことに1つの物体を溶かしたことによってますます溶解力をUPさせるという特徴もあります。また、水というのは、場所によって全く成分が異なってきますよね。良く私たちはどこどこのの水は美味しいなどと言いますが、味だけではなく性質や成分も全く違ってくるのです。水のは他の液体には存在しないきわめて希な性質があるということなのです。
目の水分が足りなくなると、カラコンなんて痛くてしてられませんよね。アイボンとか、カラコン装着を助けてくれそうな目薬なんかもカラコンの通販サイトで纏め買いしました。カラコンの通販は便利ですが、自分の健康のためには水分補給も忘れずに。

大容量モバイルバッテリー専門